西安観光旅行日本語ガイド
西安観光旅行日本語ガイド 西安個人観光旅行のお手伝させていただきます。中国西安の個人観光旅行に役立つ現地観光旅行情報を無料でご提供いたします!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
漢中第7回諸葛孔明文化観光祭は4月2日に開幕

漢中第7回諸葛孔明文化観光は4月2日に開幕


中国清明節に、五日間をかけ勉県で、第7諸葛孔明文化観光が催されます。42日に定軍山を見学、諸葛孔明を拝謁します。

   勉県は秦嶺の南の麓にあります。県内には大変有名な古三国の戦場と定軍山があり、中国で唯一の、皇帝が下した詔で建てられる武侯祠もあります。今回の中国漢中7諸葛孔明文化観光は5日間かけて、陝西省観光局、漢中市人民政府より主催します。

   観光客は、広大に咲く菜の花畑を観賞、諸葛孔明没後1776周年祀、春を享受、知恵を悟るをテーマとする歌舞の鑑賞や定軍山を登り、孔明灯を揚げるなど、10項目あまりの活動に参加、光霧山で自然な景色を味わい、茶畑にピクニックに出かけることもできます。これらの体験を通して、大自然の空気を感じ、新茶など、春の香りを味わうことが出来ます。

スポンサーサイト

テーマ:西安観光 - ジャンル:旅行

西安戸県東韓村農民画
西安戸県東韓農民画

戸県東韓人が数数の農民がを描いたところで名を内外に知られている。優れた絵や細工巧みな農民芸術品などは観光客たちの注目を浴びている。戸県農民画について、今まで50年以上の歴史がありました、農民が壁画を描いたことに始まり、最初の何人から現在の何千人迄拡大しました、戸県東韓農民画は上海金山農民画と名高い作品です。戸県東韓西安の中心部から車で1時間ほどで行ける農です、農民画の世界ではメジャーな場所。ノスタルジックな雰囲気の中、農民画を自分で描ける体験できます。郷土料理の食事と、著名な芸術家を多く輩出した西安も訪ね、アートな1日を過ごしできます。


戸県農民画 中国西安から東韓村に農民画作り体験1日帰り旅行

http://d.hatena.ne.jp/xiaojun/20100203/1265201699

テーマ:西安観光 - ジャンル:旅行

中国西安皮影博物館
中国西安皮影博物館は中国唯一の総合影絵博物館、西安市曲江にあり、明、清代の影絵用品や特色に満ちた影絵芝居を多く鑑賞できる。また、影絵人形のレプリカを記念品として購入できる。
影絵人形
影絵芝居とそれに使われる人形を総称して中国語で「皮影」と呼ぶ。影絵は民間工芸美術戯曲が結びついてできた独特な芸術だ。影絵芝居は白い布に映し出される人形の動きによって演じられる。影絵芝居に使われる人形や小道具、情景などは職人が彫刻し、彩色を施した革製品だ。このため、「皮影」と呼ばれる。
影絵芝居は中国でも最も古い戯曲の一つで、千年以上前から多くの民衆に愛され、広く伝わってきた。特に北方の農村や四川、湖北、湖南などで多く見られ、長く伝わる間に各地で異なる流派が生じた。流派には、北京皮影、唐山皮影、山東皮影、山西皮影、青海皮影、隴東皮影、寧夏皮影、陝西華県皮影がある。このうち、隴東皮影、陝西華県皮影、山西皮影が中国三大影絵とされる。
中国・西安で『影絵芝居・皮影戯』が鑑賞可能です。

テーマ:西安観光 - ジャンル:旅行

皮影劇 影絵芝居 中国西安の伝統芸術
皮影 影絵芝居 中国西安伝統芸術
皮影中国伝統芸術の一つだが、今は行う団体も少なくなっているそうだ。光と影の織りなすドラマは非常に幻想的な上に、その音楽、演唱もいかにも中国的ですばらしい。
現在、皮影西安や太原などで生産をされ、かなり高額で売られているている。だが、古いの皮影は、現在の工場で作られたものなどと比べようもないほど貴重ですばらしいものだ。珍しいところでは、皮影という影絵芝居に使われる棒で操る人形などもある。
中国西安の『高家大院』で西安地方の伝統芸能影絵芝居皮影』を鑑賞できます(予約必要)、伝統芸能というものですので、本場で見たらナカナカ面白いです。
中国西安皮影博物館

テーマ:西安観光 - ジャンル:旅行

漢中への道(交通、アクセス) 隠れている中国密境三国志故地漢中への道(交通、アクセス)
漢中への交通アクセス 隠れている中国密境三国志故地漢中への交通アクセス
漢中への交通アクセス):古来、関中(陝西西安)と漢中、四川を結んできた唯一のが桟である、馬と荷車が山を越えることはできない、途中、谷底に落ちた者の数も知れない。建国(中華人民共和国)後、西安から宝鶏まで車で2時間、宝鶏から夜行列車で7時間半、秦嶺山脈の険阻を避け、ぐるりと大回りしなければならないそうである。2007年10月、秦嶺山脈を貫通して高速道路が完成し、西安から漢中へチャーター車で日帰りも可能になりました(片道3時間で西安漢中間を結びました)。または夜行列車(21:05時~翌日08:41時、片道乗車時間:11時36分間)、高速道路利用の長距離バスで、西安から漢中へ短時間で行けることになった。

テーマ:西安観光 - ジャンル:旅行

漢中人口面積  隠れている中国密境三国志故地漢中の人口面積
漢中人口面積 
隠れている中国密境三国志故地漢中人口面積
漢中市の人口面積漢中市の人口は376万人、面積は2.7万平方キロメートルもあります。面積は四国より広く、ほとんど山間地です。

テーマ:西安観光 - ジャンル:旅行

漢中魅力  隠れている中国密境三国志故地漢中の魅力
漢中魅力  隠れている中国密境三国志故地漢中魅力
漢中市の魅力:長い歴史に裏付けられた遺跡の数々です。三国志で活躍する軍師(参謀)諸葛孔明の墓地や、実際に見て奇跡のような道である桟道(山の中を流れてる褒河に沿って断崖に穴を穿つ、その穿つた穴に柱を差し込む、その差し込んだ柱の上に板を敷く。何ともうまく考えられた桟道である。宝鶏から漢中に至る間の桟道の長さは235キロという。)、書道のお手本である書法原本石門13品、素朴な地元人、皇帝も食した美味しい漢中料理(キクラゲ、キノコなどの料理が多く)など、ほかの喧噪の著名観光地よりも、落ち着くようなリゾート地である。中国大陸は北に黄河があり、南に長江がある。これが二大水系。秦嶺山脈はこの二大水系の分水嶺である。山の北の河は黄河に注ぎ、南の河は長江に注ぐ。 西安から漢中への旅はこの二大水系をひとまたぎするスケールの大きな旅である。そのスケールの大きさの中に、桟道があり、桟道をめぐる歴史がある。心に染みる旅であった。

テーマ:西安観光 - ジャンル:旅行

漢中歴史  隠れている中国密境三国志故地漢中の歴史
漢中歴史  隠れている中国密境三国志故地漢中歴史
漢中歴史 :秦が滅んだ後は、前漢次代の高祖――劉邦は項羽に関中から漢中へ追い出されて、この漢中の中で韓信を見出し、漢中を基盤として桟道を築き、食料を蓄え、次々に中原(現在の西安)を手中に収め、最後は前漢王朝を築き中国を統一した。そして、国の名を「漢」と付けた、現在の漢民族や漢字などの名称もこれにちなんでいる。三国時代には張魯が南鄭を漢寧と改名して独自の王国を築き上げ、益州の牧であった劉焉と対立していた。後に張魯は、魏の曹操に降伏する。曹操は南鄭の呼称に戻して夏侯淵を駐屯させるが、蜀の黄忠率いる劉備軍に大敗し、劉備の所有する領土となる。漢中を支配した劉備は漢中王に即位し、後漢が滅ぶと漢の皇帝として即位した。劉備の死後は、三国時代の有名な人物丞相諸葛亮が漢中に駐屯し、北伐の拠点として、宿敵・魏を撃つべく北へ進軍をするのも、漢中から桟道を伝ってのことである。最後は漢中の定軍山に埋葬された。玄宗皇帝が安禄山の乱を避け四川へ下る時に通るのもこの桟道である。そのなどで、漢中市は、はるか悠久の歴史を持ち、国家レベルの歴史文化名城(都市)と称されている。

テーマ:西安観光 - ジャンル:旅行

漢中資源  隠れている中国密境三国志故地漢中の資源
漢中資源  隠れている中国密境三国志故地漢中資源
漢中資源漢中は気候が穏やかで、万物の精華を集め、古くから「西北の小江南」と美称されている、地上にも地下にも豊かな資源がある。薬用植物は1300種類あり「天然薬庫」と称される。特に、天麻、西洋参などは有名である。また、杜仲は全国第2の産地である。その他、野生動物は360種類おり、その内、42種類の希少動物がいる。特に、ジャイアントパンダやトキ、金絲猴は「稀世の宝」と世界中に知られている。陝西省漢中市は中国のちょうど中央に位置し、西安市との間に連なる秦嶺山脈はパンダの生息地として有名ですし、漢中市に属する洋県は朱鷺の生息地としても知られています。現在新潟県佐渡で飼育されている朱鷺も、洋県の朱鷺センターから贈られました。

テーマ:西安観光 - ジャンル:旅行

漢中地理  隠れている中国密境三国志故地漢中の地理
漢中地理  隠れている中国密境三国志故地漢中地理
漢中地理漢中は、孤立した盆地になっていて、陜西省の南西部に位置し、甘粛省と四川省に隣接している。北は秦嶺山脈で西安など渭水盆地(関中平原)と、南は大巴山脈で重慶など四川盆地(巴蜀)と隔てられている。長江支流の漢水が東西に流れていて、東に下ると長江流域へ出、西へ上ると甘粛省の天水付近へ出る。中部は漢水やその支流の褒水・胥水などが流れる肥沃な盆地であり、漢水の中程にあるので「漢中」と名付けられたと伝えられている。経済的には豊かな土地ではないものの、北は関中、南は巴蜀、東は漢水を下って長江流域に出られることから交通の要所であり、関中や巴蜀を支配する勢力にとっては漢中を押える事は軍事的に重要であった。

テーマ:西安観光 - ジャンル:旅行

漢中概況 隠れている中国密境三国志故地漢中の概況
漢中概況 隠れている中国密境三国志故地漢中概況
漢中地理:漢中は、孤立した盆地になっていて、陜西省の南西部に位置し、甘粛省と四川省に隣接している。北は秦嶺山脈で西安など渭水盆地(関中平原)と、南は大巴山脈で重慶など四川盆地(巴蜀)と隔てられている。長江支流の漢水が東西に流れていて、東に下ると長江流域へ出、西へ上ると甘粛省の天水付近へ出る。中部は漢水やその支流の褒水・胥水などが流れる肥沃な盆地であり、漢水の中程にあるので「漢中」と名付けられたと伝えられている。経済的には豊かな土地ではないものの、北は関中、南は巴蜀、東は漢水を下って長江流域に出られることから交通の要所であり、関中や巴蜀を支配する勢力にとっては漢中を押える事は軍事的に重要であった。漢中資源 :漢中は気候が穏やかで、万物の精華を集め、古くから「西北の小江南」と美称されている、地上にも地下にも豊かな資源がある。薬用植物は1300種類あり「天然薬庫」と称される。特に、天麻、西洋参などは有名である。また、杜仲は全国第2の産地である。その他、野生動物は360種類おり、その内、42種類の希少動物がいる。特に、ジャイアントパンダやトキ、金絲猴は「稀世の宝」と世界中に知られている。陝西省漢中市は中国のちょうど中央に位置し、西安市との間に連なる秦嶺山脈はパンダの生息地として有名ですし、漢中市に属する洋県は朱鷺の生息地としても知られています。現在新潟県佐渡で飼育されている朱鷺も、洋県の朱鷺センターから贈られました。漢中の歴史 :秦が滅んだ後は、前漢次代の高祖――劉邦は項羽に関中から漢中へ追い出されて、この漢中の中で韓信を見出し、漢中を基盤として桟道を築き、食料を蓄え、次々に中原(現在の西安)を手中に収め、最後は前漢王朝を築き中国を統一した。そして、国の名を「漢」と付けた、現在の漢民族や漢字などの名称もこれにちなんでいる。三国時代には張魯が南鄭を漢寧と改名して独自の王国を築き上げ、益州の牧であった劉焉と対立していた。後に張魯は、魏の曹操に降伏する。曹操は南鄭の呼称に戻して夏侯淵を駐屯させるが、蜀の黄忠率いる劉備軍に大敗し、劉備の所有する領土となる。漢中を支配した劉備は漢中王に即位し、後漢が滅ぶと漢の皇帝として即位した。劉備の死後は、三国時代の有名な人物丞相諸葛亮が 漢中に駐屯し、北伐の拠点として、宿敵・魏を撃つべく北へ進軍をするのも、漢中から桟道を伝ってのことである。最後は漢中の定軍山に埋葬された。玄宗皇帝が安禄山の乱を避け四川へ下る時に通るのもこの桟道である。そのなどで、漢中市は、はるか悠久の歴史を持ち、国家レベルの歴史文化名城(都市)と称されている。漢中市の魅力:長い歴史に裏付けられた遺跡の数々です。三国志で活躍する軍師(参謀)諸葛孔明の墓地や、実際に見て奇跡のような道である桟道(山の中を流れてる褒河に沿って断崖に穴を穿つ、その穿つた穴に柱を差し込む、その差し込んだ柱の上に板を敷く。何ともうまく考えられた桟道である。宝鶏から漢中に至る間の桟道の長さは235キロという。)、書道のお手本である書法原本石門13品、素朴な地元人、皇帝も食した美味しい漢中料理(キクラゲ、キノコなどの料理が多く)など、ほかの喧噪の著名観光地よりも、落ち着くようなリゾート地である。中国大陸は北に黄河があり、南に長江がある。これが二大水系。秦嶺山脈はこの二大水系の分水嶺である。山の北の河は黄河に注ぎ、南の河は長江に注ぐ。 西安から漢中への旅はこの二大水系をひとまたぎするスケールの大きな旅である。そのスケールの大きさの中に、桟道があり、桟道をめぐる歴史がある。心に染みる旅であった。漢中市の人口面積:漢中市の人口は376万人、面積は2.7万平方キロメートルもあります。面積は四国より広く、ほとんど山間地です。漢中への道(交通、アクセス):古来、関中(陝西西安)と漢中、四川を結んできた唯一の道が桟道である、馬と荷車が山道を越えることはできない、途中、谷底に落ちた者の数も知れない。建国(中華人民共和国)後、西安から宝鶏まで車で2時間、宝鶏から夜行列車で7時間半、秦嶺山脈の険阻を避け、ぐるりと大回りしなければならないそうである。2007年10月、秦嶺山脈を貫通して高速道路が完成し、西安から漢中へチャーター車で日帰りも可能になりました(片道3時間で西安・漢中間を結びました)。または夜行列車(21:05時~翌日08:41時、片道乗車時間:11時36分間)、高速道路利用の長距離バスで、西安から漢中へ短時間で行けることになった。

テーマ:西安観光 - ジャンル:旅行

西安のホテルのお部屋から電話を掛ける場合の方法
中国西安ホテルにお泊る中、ご自分が持っていらっしゃる日本の携帯電話より、お部屋電話は割安お得です!

中国西安ホテルのお部屋から電話掛ける場合の


ホテル内の電話掛け
フロントに掛ける場合
0】をダイアルして下さい。
客室同士で掛ける場合
そのまま相手の客室番号をダイアルして下さい。
例)【2002】に掛ける場合はそのまま【2002】を打てば繫がります


ホテルの外への電話掛け】 
 ★海外に掛ける場合(国際電話

 【9】+【国番号】+【ゼロを抜いた局番】+【相手の電話番号】
 例)日本の携帯番号【090-3333-2222】に掛ける場合
 【9+0081+90+3333-2222】というふうにお掛け下さい。
 ★中国国内の固定電話又は中国国内の携帯電話に掛ける場合
 【9】+【局番】+【相手の電話番号】
 例)中国・北京に【010-3333-2222】に掛ける場合
 【9+010+3333-2222】というふうにお掛け下さい。
 ★西安市内の携帯電話に掛ける場合

 【9】+【相手の電話番号】
 例)西安で【
137-7219-2936】に掛ける場合
 【9+137-7219-2936】というふうにお掛け下さい。
 ★西安市内の固定電話に掛ける場合      

 【9】+【相手の電話番号】
 例)西安で【029-8371-0118】に掛ける場合
 【9+8371-0118】というふうにお掛け下さい。



当然、ホテルによって掛け
変わる場合もあるんから、お部屋にある電話指南(マニュアル)をご参照しながらおかけてみて下さい。
また、あるホテル(三つ星以下)は、
外線をお掛ける場合は、先ずお部屋の電話でフロントに電話を使う事をお伝えて、それから、電話を切って待っていれば、フロントがお部屋の電話回線を開いてから「今から電話が使えます」 という電話をいれます。そこで初めて外線が使えるようになります。電話回線を使って接続する場合は開くまでに時間がかかります。

テーマ:西安観光 - ジャンル:旅行

中国 西安 「楊虎城公館」入場料無料に
中国 西安 「楊虎城公館」入場料無料に

観光地分野:革命遺跡
中国 西安「楊虎城公館」住所:西安市青年路117号
中国 西安「楊虎城公館」入場料:不要

2009年12月9日より中国 西安「楊虎城公館」は、入場無料になっています。
一般公開日は毎週火曜から日曜まで。毎週月曜日(祭日を除いて)は定休日として閉館します。
尚、入場料が免除される代わりに、無料チケット(入場券)を発行しています、見学時間の制限や枚数に限りがありますので、ご注意下さい。

中国 西安「楊虎城公館」の開放時間:9:00~16:00(15時半から出札することを停止します、毎日500枚限り)。
見学人数は、午前(午前中~14:00まで):300名;午後(14:00以降~15:30まで):200名;1日500名までと制限されています、一人一枚限り、当日有効。

団体旅行の場合、申請を24時間前に行わなければなりません(9:00~16:00)、電話予約:029-87333971

張学良公館開放時間

テーマ:西安観光 - ジャンル:旅行

中国 西安 「張学良公館」入場料無料に
中国 西安 「張学良公館入場料無料に


観光地分野:革命遺跡
中国 西安張学良公館」住所:西安市建国路69号
中国 西安張学良公館入場料:不要


2009年12月9日より中国 西安張学良公館」は、入場無料になっています。
一般公開日は毎週火曜から日曜まで。毎週月曜日(祭日を除いて)は定休日として閉館します。
尚、入場料が免除される代わりに、無料チケット(入場券)を発行しています、見学時間の制限や枚数に限りがありますので、ご注意下さい。


中国 西安張学良公館」の開放時間:8:30~17:30 (17時から出札することを停止します、毎日800枚限り)。
見学人数は、午前(午前中~14:00まで):500名;午後(14:00以降~17:00まで):300名;1日800名までと制限されています、一人一枚限り、当日有効。


団体旅行の場合、申請を24時間前に行わなければなりません(9:00~16:00)、電話予約:029-87418247


楊虎城公館見学時間

テーマ:西安観光 - ジャンル:旅行

千年前の茶葉を発見、写真公開―中国・西安近郊で出土
1000年前の葉を発見、写真公開―中国西安近郊で出土
2009年に陜西省西安市郊外で出土した、約1000年前の葉の写真が公開された。同葉の発見は、2009年の「中国考古学六大新発見」のひとつに認定されたという。中国新聞社が3日付で伝えた。
葉が見つかったのは、西安藍田県五里頭村の北宋時代(960-1127年)の陵墓。葬られていたのは「呂氏一族」で、数十点あった副葬品は、大部分が陶磁・石・銅製の道具だった。
葉は銅製の器の中に、少量が残っていた(写真の器内部左上部分)。鑑定の結果、福建産の白茶であることが判明したという。約1000年前の茶葉が残っていたのは、中国全国をみても極めて珍しい考古学上の発見という。(編集担当:如月隼人)

西安の宋墓から出土した千年前の白いお茶01

西安の宋墓から出土した千年前の白いお茶02

テーマ:西安観光 - ジャンル:旅行

copyright © 2018 西安観光旅行日本語ガイド all rights reserved.
西安金橋国際旅行社(中国金橋国際旅行社西安支社)
(国家旅遊務録番号:L-SNX-GJ00019)
24時間受け付け電話:0086-13772192936(日本語可)
(日本からの場合010-8613772192936とダイヤル下さい。)
E-mail:xiaojunn@gmail.com
住所:〒710002 中国西安市西大街安定廣場3-B-608室
TEL:0086-29-83710118(日本語可)
(日本からの場合010-862983710118とダイヤル下さい。)
お客様の声
FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。