FC2ブログ
西安観光旅行日本語ガイド
西安観光旅行日本語ガイド 西安個人観光旅行のお手伝させていただきます。中国西安の個人観光旅行に役立つ現地観光旅行情報を無料でご提供いたします!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
西安唐楽宮倣唐宮廷歌舞ショーチケット手配


西安唐楽宮倣唐歌舞宮廷ショーチケット手配
唐楽宮倣唐歌舞宮廷ショー
劇場住所:西安唐楽宮 西安市長安路75号(西安賓館のすぐ近く)
開演時間:晩20:30-21:40
割引券代金:200(220)元/名 1名様よりお申し込みを受付しております。
手配手数料:別途予約手配手数料は頂いておりません。
チケット受渡:唐楽宮倣唐歌舞宮廷ショー演出前(20:30)に弊社スタッフ(0086-13772192936)が唐楽宮のロビーにてお待ち致します、劇場内へご案内致します。
お支払方法:入場後、観賞席をご確認の上、唐楽宮倣唐歌舞宮廷ショーチケット代を現金にて弊社スタッフに渡せばよいです。
ほか備考:
観賞前日に、お客様より弊社スタッフに最終確認のご連絡を入れていただきます。
なお、ご連絡いただけない場合は、チケットの発券ができませんので、ご理解を賜りますようよろしくお願い申し上げます。
また、観光シーズン(3月~11月)は、開演の当日、劇場側の都合により、開演時間は変更となる場合がございます、あらかじめご了承ください。その際電話にて御知らせ致します。開演時間の変更により不都合が生じた場合は、キャンセル料はかかりません。
中国西安金橋国際旅行社(中国金橋国際旅行社西安支社) 催行、経営許可証号: L-SNX-GJ00019 西安市西大街安定廣場 3-B-608室、日本語担当:倪 (ゲイ) 小軍 メール:xiaojunn@gmail.com (日本語可)、携帯電話:0086-13772192936 (24時間対応,日本語可) 、固定電話:0086-29-83710118(08:30~18:30,日本語可) 、上記が連絡番号になりますので、緊急のご用件についてはお電話でご連絡ください。 お客様よりの声:http://geocities.yahoo.co.jp/gb/sign_view?member=goods568

スポンサーサイト

テーマ:西安観光 - ジャンル:旅行

漢詩の旅:唐王朝帝都長安を偲ぶ 西安4日間
漢詩の旅:唐王朝帝都長安を偲ぶ 西安4日
日程:
1日目
北京発 西安
空路、西安へ。(約1時30分) MU2124(10:40~12:45)
黄河最大の支流・渭水(いすい)を渡り市内へ。
科挙の試験に合格すると塔に登って自分の名を残したいう◎大雁塔(だいがんとう)の登楼にご案内します。※岑参の「高適、薛据と同に慈恩寺浮図に登る」 また、途中天気が良ければ終南山を遠望します。
唐王朝帝都長安の往時の姿を偲ばせる大唐芙蓉園視察曲江池など※杜甫の「曲江二首」

夕刻:大唐芙蓉園内にて唐朝歌舞を観賞し、世界3大美女の「楊貴妃」までも食した「芙蓉宴」をお楽しみください。

夕食後:「水幕電影」観賞

西安泊 唐華賓館>
2日目
西安郊外、西安市内観光
ホテル発(08:30頃)
午前:白居易の『長恨歌』に詠まれる◎華清池(かせいち)、 白居易の『草茫々』に詠まれる△秦の始皇帝陵、 ◎兵馬俑坑(へいばようこう)(1・2・3号坑、銅車馬館)へご案内します。
昼食は、西安郷土料理をどうぞ。

午後:牡丹の名所であり李白の『清平調歌三』に詠まれる◎興慶宮(こうけいきゅう)の沈香亭(ちんこうてい)、※阿倍の仲麻呂の「望月望郷の歌」
重陽の節に邪気払いをした場所として李商隠の『楽遊原』に詠まれる◎青龍寺を巡ります。
夕食は、「天龍宝厳素食館」にて精進料理をお楽しみい。

<西安泊 唐華賓館>
3日目
西安郊外、西安市内観光
ホテル発(08:30頃)
午前:唐代詩人の杜牧「阿房宮賦」に詠まれる◎阿房宮前殿遺跡(アボウキュウゼンデンイセキ)、王維の「送元二使安西」に詠まれる◎渭城の咸陽博物館(カンヨウハクブツカン)をご案内します。

昼食は、見た目も楽しい西安名物の「餃子宴」をどうぞ。
午後:李白の『子夜呉歌』、杜甫の『春望』で詠まれるかつての長安城を感じられる◎西の城門、◎杜公祠(※杜甫)へご案内します。

夕食時:ホテルの宴会場にて漢詩交流

<西安泊 唐華賓館>
4日

午前:李白の『少年行』に詠まれる五陵のひとつ◎陽陵博物館で漢代の陶俑を見学

午後:帰国の途へ MU291(15:10~21:10) 上海経由 名古屋着
以上、その他お気軽にお問合せ下さい。 ご希望コースなどがございましたら、xiaojunn@gmail.comまでご連絡下さい。 見積は弊社営業担当から別途ご連絡差し上げます、ご迷惑をおかけして申し訳ございません。

中国西安金橋国際旅行社(中国金橋国際旅行社西安支社) 経営許可証号: L-SNX-GJ00019 西安市西大街安定廣場 3-A-505 、503室 日本語担当:倪 (ゲイ) 小軍   メール:xiaojunn@gmail.com (日本語可)  帯電話:86-13772192936 (24時対応,日本語可) 固定電話:86-29-83710118(08:30~18:30,日本語可) FAX:86-29-82372130(24時対応,日本語可) 上記が連絡番号になりますので、緊急のご用件についてはお電話でご連絡ください。 お客様よりの声:http://geocities.yahoo.co.jp/gb/sign_view?member=goods568

テーマ:西安観光 - ジャンル:旅行

西安周辺地域の情報

テーマ:西安観光 - ジャンル:旅行

シルクロードの旅7日間 西安漢陽陵 敦煌莫高窟 楡林窟 砂漠 漢詩でシルクロードを偲ぶ
シルクロードの旅7日間 西安漢陽陵 敦煌莫高窟 楡林窟 砂漠 漢詩シルクロードを偲ぶ

日程:
1日目
08:50:名古屋発(MU292便)<飛行機>(上海経由)西安
13:40:西安
西安郊外観光
漢陽陵博物館(入場)を訪れます

2日目
午前:西域まで版図を拡大した前漢第五代帝王・武帝の陵墓・茂陵(入場)へご案内します
午後:西安<飛行機>敦煌
午後:敦煌
夕刻:三日月形の美しい湖・月牙泉(げつがせん)(入場)、沙漠の雰囲気を醸し出す鳴沙山(めいさざん)(入場)へご案内します。
3日目

1日:敦煌(とんこう)観光
敦煌観光のハイライト、沙漠の大画廊と称され、世界有数の仏教芸術の宝庫でもある≪世界遺産≫莫高窟(ばっこうくつ)(入場)を午前と午後の2回に分けて訪れ、一般窟と特別窟をたっぷりとご覧いただきます。
4日目

1日:敦煌観光
莫高窟と密接な関係を持つとみなされ、色彩豊かな壁画が残っていることで名高い楡林窟(ゆりんくつ)(入場)へご案内します。
5日目
1日:敦煌観光
鳩摩羅什(くまらじゅう)ゆかりの白馬塔(入場)、莫高窟とともに敦煌の石窟芸術の中核をなす西千仏洞(入場)、唐代の詩人・王維漢詩にも詠んだ陽関(入場)、映画「敦煌」の撮影用セットとして造営された敦煌古城(入場)へご案内します。
6日目
午前:敦煌<飛行機>西安
午後:西安着
着後、唐の高僧・玄奘三蔵がインドから持ち帰った経典や仏像を保存するために建築された大雁塔(だいがんとう)(入場)へご案内します。
7日目
午前:西安市内観光
碑林(ひりん)(入場)、書院門(下車)を訪れます
15:00:西安発(MU291便)<飛行機>(上海経由)名古屋
21:10:名古屋着 。
以上、その他お気軽にお問合せ下さい。
ご希望コースなどがございましたら、xiaojunn@gmail.comまでご連絡下さい。
見積は弊社営業担当から別途ご連絡差し上げます、ご迷惑をおかけして申し訳ございません。

中国西安金橋国際旅行社(中国金橋国際旅行社西安支社)
経営許可証号: L-SNX-GJ00019
西安市西大街安定廣場 3-A-505 、503室
日本語担当:倪 (ゲイ) 小軍  
メール:xiaojunn@gmail.com (日本語可)  帯電話:86-13772192936 (24時間対応,日本語可)
固定電話:86-29-83710118(08:30~18:30,日本語可) FAX:86-29-82372130(24時間対応,日本語可)
上記が連絡番号になりますので、緊急のご用件についてはお電話でご連絡ください。
お客様よりの声:http://geocities.yahoo.co.jp/gb/sign_view?member=goods568

テーマ:西安観光 - ジャンル:旅行

西安戸県東韓村農民画
西安戸県東韓農民画

戸県東韓人が数数の農民がを描いたところで名を内外に知られている。優れた絵や細工巧みな農民芸術品などは観光客たちの注目を浴びている。戸県農民画について、今まで50年以上の歴史がありました、農民が壁画を描いたことに始まり、最初の何人から現在の何千人迄拡大しました、戸県東韓農民画は上海金山農民画と名高い作品です。戸県東韓西安の中心部から車で1時間ほどで行ける農です、農民画の世界ではメジャーな場所。ノスタルジックな雰囲気の中、農民画を自分で描ける体験できます。郷土料理の食事と、著名な芸術家を多く輩出した西安も訪ね、アートな1日を過ごしできます。


戸県農民画 中国西安から東韓村に農民画作り体験1日帰り旅行

http://d.hatena.ne.jp/xiaojun/20100203/1265201699

テーマ:西安観光 - ジャンル:旅行

陝西省西安の民間玩具
陝西西安民間玩具
  1. 安塞現代農民画
  2. 周至の秦繍(陜西地方の刺繍)
  3. 兵馬俑人形
  4. 鳳翔の木版年画
  5. 鳳翔の泥人形
  6. 富県の薫画
  7. 果核彫刻
  8. 戸県の麦わら絵画
  9. 戸県の農民画
  10. 合陽の民間面塑、面花(小麦粉で作る人形)
  11. 華県の皮影人形芝居
  12. 煉瓦彫刻
  13. 洛川のウール麻刺繍
  14. 隴県と宝鶏の秦劇の隈取(杓子面)
  15. 南鄭の藤あみ
  16. 千陽の縫ぐるみ
  17. 呉旗の豆粘画
  18. 西安の十字刺繍
  19. 延川の素晴らしい民間布堆画 (アップリケ)
  20. 西安の泥呼子
  21. 楡林の柳細工(柳の枝の編み細工)
  22. 陝北延安綏徳の石獅子
  23. 陝西省西安民間玩具写真

テーマ:西安観光 - ジャンル:旅行

切り絵(切り紙細工)
切り絵切り紙細工
 西安切り絵切り紙細工)は一種類の悠夊な歴史を持つ民間芸術の形式として、中華各民族人民にすきです。
 そのなかには陜北の切り絵切り紙細工)がいまだに注目を浴びります。 陜北の切り絵切り紙細工)は秦、漢
民風含んだ、風格は細くてきわ立って美しくて粗野で大様で、巧み、労働者、かつてつづけて数年別別に西安、北京などの各地で展覧した、好評を得ます。 近年,陜北の切り絵切り紙細工)の芸人は何度も外国へ訪問に行って技芸を披露して,沸き立たせることを引きおこします。

テーマ:西安観光 - ジャンル:旅行

西安観光スポットを星で格付け 西安観光地ランキング
西安観光地格付け 西安観光スポットランキング 
西安観光スポット情報 西安観光地ガイド

西安観光地

五つ観光地

秦兵馬俑博物館

★★★★★

薦福寺と小雁塔(西安博物院 )

★★★★★

陜西省歴史博物館

★★★★★

大慈恩寺(大雁塔)

★★★★★

崋山

★★★★★

漢陽陵地上陳列館(漢陽陵地下博物館)

★★★★★

水陸庵

★★★★★

黄河壺口滝

★★★★★

韓城党家村民居

★★★★★

九成宮遺跡

★★★★★

古漢台(漢中市博物館)

★★★★★

古戦桟道

★★★★★

武候墓

★★★★★

葯王山

★★★★★

宋耀州陶窯遺跡(耀州窯遺跡博物館)

★★★★★

朱鷺保護センター

★★★★★

洛川民俗博物館

★★★★★

蒸気機関車SL撮影

★★★★★

西安の観光地

四つ

周原遺跡博物館

★★★★

咸陽博物館

★★★★

漢武帝茂陵(霍去病墓博物館)

★★★★

華清池(宮)

★★★★

唐代歌舞

★★★★

回民街

★★★★

西門(西安城壁)

★★★★

西安碑林博物館

★★★★

秦始皇帝陵

★★★★

西安夜景(南門下車)

★★★★

西安の屋台、夜店、バザール

★★★★

青龍寺(弘法大師空海記念碑)

★★★★

唐大明宮遺跡博物館

★★★★

大清真寺

★★★★

彬縣大仏寺

★★★★

漢長安城遺跡

★★★★

五丈原(諸葛孔明廟込み)

★★★★

秦坑儒谷

★★★★

興教寺

★★★★

大雁塔音楽噴水広場

★★★★

秦都雍城遺跡

★★★★

西周青銅器博物館

★★★★

戸県農民画展覧館

★★★★

楼観台パンダ、金糸猿、朱鷺

★★★★

陜西医史博物館

★★★★

楊貴妃墓

★★★★

鄭国渠首遺跡

★★★★

唐乾陵(高宗李治、武則天)

★★★★

半坡遺跡

★★★★

陳倉古城

★★★★

統万城遺跡

★★★★

鎮北台

★★★★

法門寺

★★★★

西安の観光地

三つ

鐘楼(演目を見た場合)

★★★

華厳寺

★★★

唐太宗李世民昭陵(昭陵博物館)

★★★

書院門

★★★

シルクロード出発点記念像(彫刻群)

★★★

大唐芙蓉園

★★★

秦二世胡亥陵

★★★

司馬遷祠墓

★★★

阿房宮遺跡

★★★

敦煌寺

★★★

鴻門宴遺跡

★★★

蔡文姫墓

★★★

香積寺

★★★

西周豊京、鎬京遺跡

★★★

古玩城(骨董品市場)

★★★

西周車馬坑遺跡

★★★

玄奘墓

★★★

草堂寺

★★★

仙游寺

★★★

秦都咸陽遺跡

★★★

蕭何墓

★★★

周勃墓

★★★

蕭何墓

★★★

董仲舒墓

★★★

杜公祠

★★★

韓城文廟(孔廟)

★★★

西安の観光地名

二つ

八仙庵

★★

鼓楼

★★

大興善寺

★★

唐代芸術博物館

★★

漢昆明池遺跡

★★

臨潼博物館

★★

漢長陵(高祖劉邦)

★★

姜太公釣魚台

★★

恵果墓

★★

温彦博墓

★★

唐玉華宮

★★

藍田猿人遺跡

★★

興慶宮公園(阿部の仲麻呂記念碑)

★★

重陽宮

★★

テーマ:西安観光 - ジャンル:旅行

お勧めの西安娯楽地
 お勧め西安娯楽
近年、西安市旅行社による特色のある観光コースが数多く企画された。中では、昔風の迎賓入場式、唐楽舞踊、城壁マラソンなどの体験コースは西安観光の人気ものとなっている。そのほか、リラックスできる温泉コースや修学旅行などの企画も国内外の観光客に高評されている。
  西安には唐楽宮、易俗社、陝歌大劇院、銀座クラブ、桃園湖ボーリングクラブなど多種多様な娯楽施設があり、「唐長安楽舞」、「倣唐風音楽舞踊」、「秦俑魂」、「陝西省北部民間楽踊」など代表的な演目が名を知られている。また、長安太鼓楽、秦腔の名曲なども上演されて以来、国内外のお客様に支持・賞賛されている。
唐歌舞 (唐楽宮  電話:85262066)
倣唐楽舞 (陝歌大劇院 電話:87853294)
小雁塔納涼パテイー(女子クラシック演奏 電話:87811081)
竜宮水上楽園 (解放路39号 電話:87447311)

娯楽施設

名称

場所

電話

阿房宮芸術電影院

竹芭市

7252540

鐘楼電影院

新安市場

7210190

人民影院

北大街

7212581

長楽影劇院

金花南路

3232467

紅光電影院

東関正街

7271047

児童電影院

和平路

7215846

西北影城

東大街

7213002

五四影城

北大街

7274946

解放電影院

解放路

7275686

和平電影院

北大街

7274946

光明電影院

南大街

7275611

東風劇院

南院門

7270717

群星影都

西大街

7274159

易俗大劇院

案板街8号

7210367

小塞工人文化宮

長安中路65号

5258090

城工人文化宮

西七路

7272215

西安人民体育場

西五路

7210947

陜西省体育場

長安路

5239707

健隆ボーリング倶楽部

西五路20号

7213011

雁舞美食娯楽

緯二街3号

5213743

大鵬ボーリング娯楽中心

蓮湖路25号工貿大厦

7273485

陜西省体育館

南門外

7804505

省射撃場

水広路

5255479

波特曼娯楽有限公司

南大街

7270874

桃園湖ボーリング中心

南二環高新区

8497370

王夜総会

南二環朱雀十字東南角祥源大厦

5234234

西安北方楽園

太白路中段

5263925

テーマ:西安観光 - ジャンル:旅行

西安の気候・気温・未来天気予報

 西安気候気温未来天気予報

西安気候は温帯大陸性気候で、四季がはっきりしている。年平均気温は13℃。年間降水量は604.2ミリ、年間日照時間は2000時間です。温和な気候と自然環境に恵まれた土地であり、原始先住民族が生活するのに理想的な土地でもあった。西安は四季・寒暖もはっきり分かれています。冬は寒くて霧が多く、雨や雪はあまり降りません。春は暖かく乾燥し、気候がよく変わります。夏がとても暑くて雨が多くなります。秋はさわやかで、気温が下がります。年の平均気温の13.0~13.4度前後、最も寒いのは1月で、最も熱いのは7月となります。7~9月に最も雨がよく降ります。四季があり、通年穏やかですごしやすい気候といえます。

気候

1

2

3

4

5

6

西安

平均

気温

-1

2.1

8.1

14.1

19.1

25.2

平均

最高

4.5

7.7

14.3

20.6

25.6

32.1

平均

最低

-5

-2.1

3.1

8.5

13.2

18.6

 

気候

7

8

9

10

11

12

西安

平均

気温

26.6

25.5

19.4

13.7

6.6

0.7

平均

最高

32.4

31.2

24.8

19.4

12

6

平均

最低

21.7

20.8

15.2

9.3

 

 


西安未来天気予報

http://www.weather.com.cn/html/weather/101110101.shtml

テーマ:西安観光 - ジャンル:旅行

西安の歴史
 西安は中華民族の歴史と文化の重要な発祥地であり、人類文明が最も早く発達した地域 の一つです。西安歴史は、紀元前11世紀に遡れ、西周がここを都と定めて以来、秦・漢・隋・唐など13の王朝の都として栄える。
 西周が初めてここに都を定めたのは紀元前11世紀(1134)のことである。以来、13の王朝がこの地を都としてきた。その間およそ2000年。古都と呼ぶにふさわしい歴史を持ち、シルクロードの起点でもある。早くも前漢時代、絹は砂漠を越え、遙かローマの都にまで運ばれていたのである。また、日本との関わりも強く、阿倍仲麻呂、空海、そして今年(2005)墓誌が発見された「井真成」など、多くの日本人が遣隋使、遣唐使の時代から足跡を残している。古くは長安とよばれ、唐代には東西9km、南北8kmの城壁にかこまれた大都市で、人口は最大100万をこえ国際的な文化がさかえていた。その都は、日本の平城京・平安京のモデルにもなった。
 また、西安は革命の伝統を持つ都市でもあります。1936年12月にここで中国現代史上でも有名な“西安事変”が発生しました。改革開放以降、古い都市である西安は大きく変化し、国務院は西部大開発を実施しました。世界の有名都市と比べ、今日の西安は発展が遅れているが、改革開放以来、西安は大きく変化している。現在も市の中心部は明代に築かれた城壁に囲まれ、工業を始め、あらゆる産業と流通の中心都市として、活気にあふれている。
有史以前

【石器時代】
  • 115万年前、藍田原人が秦嶺北麓で生活していた。
1963年7月、中国化学院古脊椎動物・古人類研究所の調査グループが藍田県泄湖鎮陳村で、老人女性の下あごの化石を発見。翌年5月に公王嶺で完全な中年女性の頭骨を発見。周辺から多くの石器も発見した。
  • 5000年前、半坡人が黄河流域で生活
1953年に半坡村で新石器時代の遺跡を発見。多くの家屋、墳墓と道具が発見された。
長安風雲録
【西周時代】
  • 西周樹立
武王が商を滅ぼし、都を鎬京におく。BC11世紀、周人の勢力が強大になり、周の文王は岐山のふもとにある周原から豊邑に都を移した。当時商の紂王は暴虐無道であったため、商王朝内部が乱れ、周の武王は機に乗じて諸侯と会し、商を滅ぼした。BC1027年周の武王は鎬京にもどってから正式に周王朝を樹立した。
  • 西周滅亡
周の幽王は寵妃の褒を笑わせるために、のろし台に火をつけた。各地の諸侯は緊急と思い次々に駆けつけたが、騙されたと知り、怒って帰って行った。BC771年、申侯は犬戎と連合して鎬京に侵入。幽王はのろし台に火をつけさせ、諸侯に救いを求めたが、誰も救援に来ず、西周は滅亡した。
【戦国秦時代】
  • 商鞅変法
戦国初期、秦国は各諸侯国の中で遅れた地位にあったが、秦の孝公は、BC359年に商鞅を左庶長に任命し、改革を行わせた。まず、十五連座法を敢行し、悪者を密告することを奨励する。農業を重視し、商業を抑制し、農業と紡績を奨励、宗族等級制度を廃止し、軍功等級制を確立した。9年後、商鞅は二回目の改革を行い、県、郷、里の三級行政制度を確立、授田制を実行し、度量衡を統一した。この改革により、秦はたちまち強国となり、奴隷制から封建制への転換を果たした。
  • 秦の天下統一
六国を滅ぼし、天下を統一する。BC230年、秦王の贏政は数十万の大群を繰り出して出征し、統一のための戦争を始めた。10年の戦争を経て、韓、趙、燕、魏、楚、斉の六国を滅ぼし、戦国時代に終止符を打った。BC221年、咸陽で中国史上初の中央集権国家である秦王朝を樹立した。その後は文字、法律、車軌、度量衡の統一を行い、郡県制を実行した。
  • 秦の滅亡
秦の始皇帝は中国を統一した後、集権統治を強化するため、思想文化文やで高圧政策を実行した。BC213年、全国で、秦の歴史以外の史書、秦の文字以外で書かれた文書を焼き払うように命じた。《焚書》、翌年、彼は不老不死の薬を求め、学者たちに資金を出したにもかかわらず、何も結果を出さないことに怒り、「誹謗」の罪名で数百人の学者を生き埋めにした。《坑儒》こうした行為が人々の怒りを引き起こし、秦王朝滅亡を加速した。
【漢時代】

  • 項羽と劉邦
秦朝末年、劉邦と項羽はそれぞれ大部隊を率いて秦に進行した。劉邦が先に咸陽を攻略、占領したが、項羽はこれに激怒した。その後、項羽と劉邦の争いが続き、最後は劉邦が勝利を収め、前漢王朝を樹立した。
  • 西域開拓
武帝の時、大月氏と連合して匈奴を挟み撃ちにするため、BC138年に張騫を使節とし、100人余りを率いて長安から西域に出発した。そして現在のフェルガナやサマルカンドを経て大月氏にいたり、13年後に長安に戻ってきた。張騫はBC119年にも西域を訪れ、西域の地理、物産、風俗習慣などを中国に伝える同時に、中国の絹織物、磁器や農業などを中央アジア各国に伝えた。
  • 霍去病の活躍
霍去病(BC140?BC117年)は前漢時代の有名な将軍で、武帝の命を受け、匈奴と戦った。霍去病は6回も匈奴に出撃し、漢王朝の安定のために大きな功績を建てた。
  • 司馬遷と史記
司馬遷は武帝の時、太史令に就任し、「史記」の執筆を始めた。のちに李陵を弁護したために去勢の刑に処せられた。司馬遷はこの恥辱に耐え忍び「史記」の執筆に打ち込み、BC93年に「史記」を書き上げた。
「史記」には、黄帝から武帝に至るまでの3000年の歴史を記述している。全130編、52万字で、内容も豊富だが、よく練られており、文字も美しい。
  • 王莽
王莽(BC45?23年)は漢の平帝の時代に大司馬となり、一味を守り立て異分子を排斥した。AD5年、王莽は漢の平帝に毒を飲ませ殺害し、工程に即位し、国号を新に改めた。王莽は全国の土地を「王田」に改称し、奴婢の売買を禁止した。国の税収を増やすために、何度も幣制を改革して混乱が起きた。17年、農民が蜂起し、漢朝の宗室の兵馬が長安に攻め込み、王莽は殺され、新は滅んだ。二年後劉秀が東漢を樹立した。
【唐時代】
  • 李淵、唐王朝を樹立
隋王朝末期、農民蜂起が発生し、隋王朝は不安定になった。隋の太原留守うを勤めていた李淵は長男の李健成と次男の李世民に関中に進軍するように命じた。すぐに長安を攻略した。そして、隋の煬帝の孫の楊侑を皇帝にまつりあげ、自分は大丞相になった。AD618年、煬帝が江都で殺されたと聞くと、李淵は皇帝となり国号を唐とした。
  • 玄武門の変
李淵は唐王朝を樹立した当初、長男の李健成を太子に任命し、自分の後継者としたが、唐王朝樹立の課程においては李世民の方が卓越した戦功を挙げ、その声望は兄の健成よりはるかに大きかった。健成は世民に妬みを抱き、四男の李元吉と組んで李世民に危害を加えようとした。626年、李世民は玄武門の中で待ち伏せをし、李健成、李元吉が通るとき、馬に乗って突進し、二人を殺した。李淵は李世民を太子にせざるを得なくなり、その後まもなく帝位を李世民に譲った。
  • 玄奘
629年、玄奘はシルクロードに沿って西方へ向かった。様々な困難の末、4年後にインドにたどりつき、そこで法律や制度を学び、仏教の蔵書を読んだ。645年、玄奘は600巻余りの経典を携えて長安に戻り、長安の慈恩寺で翻訳した。
  • 武則天
武則天はもとは唐の太宗の「才人」で、「部媚」という号を賜われた。太宗の死後、感業寺に入って尼僧となった。その後、高宗は彼女を宮中に連れ帰り、「昭儀」とした。655年、高宗は武則天を皇后にした。高宗のからだが衰弱すると、武則天は国を治め、行政を管理するようになった。高宗の死後、中宗、叡宗を廃し、690年に正式に即位し、中国史上唯一の女帝となった。
  • 楊貴妃
安史の乱の発生後の756年、唐の玄宗は少数の大臣と楊貴妃を連れ、数百人の禁軍の護衛の下で西の方へ逃げた。長安の西、馬嵬まで行った時、禁軍は反乱を起こし、楊国忠らを殺し、玄宗に迫って楊貴妃を殺すように命じさせた。安史の乱平定後、玄宗は四川から戻り、嵬駅を通ったときにひそかに宦官に楊貴妃を駅の側に改葬するように命じた。
  • 唐滅亡
唐王朝末期、黄巣蜂起が起こり、朱温は蜂起軍に参加し、長安を攻略した。その後、朱温は黄巣を裏切り唐に降り、黄巣を弾圧し、唐の僖宗から「朱全忠」という名を賜われた。904年朱温は昭宗を殺し、哀帝を即位させた。907年にその哀帝を殺し、自ら皇帝となり、国号を梁に改め、都を開封においた。
西安の歴代王朝

王朝

建都期間

国都所在地

西周

BC1121-BC771

豊京、鎬京(いまの長安県張家坡、斗門鎮一帯)

BC221-BC207

咸陽(いまの咸陽市窯店鎮一帯)

前漢

BC206-AD8

長安(いまの西安市の北西)

-23

長安(いまの西安市の北西)

後漢

190-195

長安(いまの西安市の北西)

西晋

313-316

長安(いまの西安市の北西)

前趙

319-329

長安(いまの西安市の北西)

前秦

351-384

長安(いまの西安市の北西)

後秦

386-417

長安(いまの西安市の北西)

西魏

535-556

長安(いまの西安市の北西)

北周

557-581

長安(いまの西安市の北西)

581-618

大興(いまの西安市)

618-907

長安(いまの西安市)









テーマ:西安観光 - ジャンル:旅行

中国西安皮影博物館
中国西安皮影博物館は中国唯一の総合影絵博物館、西安市曲江にあり、明、清代の影絵用品や特色に満ちた影絵芝居を多く鑑賞できる。また、影絵人形のレプリカを記念品として購入できる。
影絵人形
影絵芝居とそれに使われる人形を総称して中国語で「皮影」と呼ぶ。影絵は民間工芸美術戯曲が結びついてできた独特な芸術だ。影絵芝居は白い布に映し出される人形の動きによって演じられる。影絵芝居に使われる人形や小道具、情景などは職人が彫刻し、彩色を施した革製品だ。このため、「皮影」と呼ばれる。
影絵芝居は中国でも最も古い戯曲の一つで、千年以上前から多くの民衆に愛され、広く伝わってきた。特に北方の農村や四川、湖北、湖南などで多く見られ、長く伝わる間に各地で異なる流派が生じた。流派には、北京皮影、唐山皮影、山東皮影、山西皮影、青海皮影、隴東皮影、寧夏皮影、陝西華県皮影がある。このうち、隴東皮影、陝西華県皮影、山西皮影が中国三大影絵とされる。
中国・西安で『影絵芝居・皮影戯』が鑑賞可能です。

テーマ:西安観光 - ジャンル:旅行

皮影劇 影絵芝居 中国西安の伝統芸術
皮影 影絵芝居 中国西安伝統芸術
皮影中国伝統芸術の一つだが、今は行う団体も少なくなっているそうだ。光と影の織りなすドラマは非常に幻想的な上に、その音楽、演唱もいかにも中国的ですばらしい。
現在、皮影西安や太原などで生産をされ、かなり高額で売られているている。だが、古いの皮影は、現在の工場で作られたものなどと比べようもないほど貴重ですばらしいものだ。珍しいところでは、皮影という影絵芝居に使われる棒で操る人形などもある。
中国西安の『高家大院』で西安地方の伝統芸能影絵芝居皮影』を鑑賞できます(予約必要)、伝統芸能というものですので、本場で見たらナカナカ面白いです。
中国西安皮影博物館

テーマ:西安観光 - ジャンル:旅行

秦腔 西安ローカル劇 西安地方劇 西安方言
秦腔 西安ローカル劇 西安地方劇 西安方言
秦腔とは主に西安地方で有名な中国の地方劇です。
秦腔関中方言を基礎にして、特に涇水、渭河流域の各県の発音を 秦腔の「標準語」にしています。秦腔は、昆曲、弋陽、柳子などと共に、南昆(南の昆曲)、北弋(北の弋陽)、東柳(東の柳子)、西木邦(西の木邦子:秦腔)として、中国の古代戯曲の四大声腔体系の一つとして並び称されています。今日、一般に秦腔と言う時、いわゆるこの西安秦腔を指すことが多いです。
 秦腔のその盛況振りは大変なものであったことが覗われます。いわゆる特技(難度の高いパフォーマンス)では、吐火や吹火などの火を操る技が有名で、身段(しぐさ)の分野では、拉架子、担柴担、水担などと呼ばれるものが有名です。なお、この秦腔の演劇としての特徴ですが、いわゆる行当(劇の役柄)は、主に老生、鬚生、小生、幼生、老旦、正旦、小旦、花旦、武旦、媒旦、大浄、毛浄、醜(道化役)など十三類(呼び名も京劇とは若干異なる)に分かれています。
 特に、花臉(悪役)の大音量で、声高・激越する歌い方は有名です。また、文場(弦楽伴奏楽器)には二弦子、板胡、二胡、笛子、三弦、揚琴などが使われおり、武場(打楽器伴奏)には暴鼓、干鼓、堂鼓、勾鑼、小鑼、木邦子などが使われています(建国後は一部の西洋楽器も使われるようになりました)。

関連ツアー・コース:
大型4D秦腔ショー<夢回長安>
スケジュール
【19:30】ホテル出発、送迎ガイドがご名前を書いてあるステッカーを持ちましてお泊まりホテルロビーにてお迎えします。
【20:00-21:10】西安
大型4D秦腔ショー<夢回長安>(1時間10分弱)をお楽しみ下さいませ。
【22:30】ホテル到着、送迎ガイドがお泊りホテル送迎いたします。
【時間の目安】約3時間
【催行】1名様より催行
大人料金】200人民元RMB/
【お支払い 】ホテに到着後、現金にて弊社の送迎ガイドにお支払いいただくことをお願いいたします。
【付注】お申込いただいたお客様ごとの専用ガイド・専用車がご案内します。
※お泊りホテルにより、出発・帰着時間は異なることがあります。
※送迎ガイド付きです(タクシーを利用する場合があります)。
※お子様料金は別途お問い合わせ下さい。
以上、そのほかお気軽にxiaojunn@gmail.com(日本語可)までお問い合わせ下さい。
緊急連絡:86-13772192936(24時間対応、日本語可

テーマ:西安観光 - ジャンル:旅行

漢中への道(交通、アクセス) 隠れている中国密境三国志故地漢中への道(交通、アクセス)
漢中への交通アクセス 隠れている中国密境三国志故地漢中への交通アクセス
漢中への交通アクセス):古来、関中(陝西西安)と漢中、四川を結んできた唯一のが桟である、馬と荷車が山を越えることはできない、途中、谷底に落ちた者の数も知れない。建国(中華人民共和国)後、西安から宝鶏まで車で2時間、宝鶏から夜行列車で7時間半、秦嶺山脈の険阻を避け、ぐるりと大回りしなければならないそうである。2007年10月、秦嶺山脈を貫通して高速道路が完成し、西安から漢中へチャーター車で日帰りも可能になりました(片道3時間で西安漢中間を結びました)。または夜行列車(21:05時~翌日08:41時、片道乗車時間:11時36分間)、高速道路利用の長距離バスで、西安から漢中へ短時間で行けることになった。

テーマ:西安観光 - ジャンル:旅行

漢中人口面積  隠れている中国密境三国志故地漢中の人口面積
漢中人口面積 
隠れている中国密境三国志故地漢中人口面積
漢中市の人口面積漢中市の人口は376万人、面積は2.7万平方キロメートルもあります。面積は四国より広く、ほとんど山間地です。

テーマ:西安観光 - ジャンル:旅行

漢中魅力  隠れている中国密境三国志故地漢中の魅力
漢中魅力  隠れている中国密境三国志故地漢中魅力
漢中市の魅力:長い歴史に裏付けられた遺跡の数々です。三国志で活躍する軍師(参謀)諸葛孔明の墓地や、実際に見て奇跡のような道である桟道(山の中を流れてる褒河に沿って断崖に穴を穿つ、その穿つた穴に柱を差し込む、その差し込んだ柱の上に板を敷く。何ともうまく考えられた桟道である。宝鶏から漢中に至る間の桟道の長さは235キロという。)、書道のお手本である書法原本石門13品、素朴な地元人、皇帝も食した美味しい漢中料理(キクラゲ、キノコなどの料理が多く)など、ほかの喧噪の著名観光地よりも、落ち着くようなリゾート地である。中国大陸は北に黄河があり、南に長江がある。これが二大水系。秦嶺山脈はこの二大水系の分水嶺である。山の北の河は黄河に注ぎ、南の河は長江に注ぐ。 西安から漢中への旅はこの二大水系をひとまたぎするスケールの大きな旅である。そのスケールの大きさの中に、桟道があり、桟道をめぐる歴史がある。心に染みる旅であった。

テーマ:西安観光 - ジャンル:旅行

漢中歴史  隠れている中国密境三国志故地漢中の歴史
漢中歴史  隠れている中国密境三国志故地漢中歴史
漢中歴史 :秦が滅んだ後は、前漢次代の高祖――劉邦は項羽に関中から漢中へ追い出されて、この漢中の中で韓信を見出し、漢中を基盤として桟道を築き、食料を蓄え、次々に中原(現在の西安)を手中に収め、最後は前漢王朝を築き中国を統一した。そして、国の名を「漢」と付けた、現在の漢民族や漢字などの名称もこれにちなんでいる。三国時代には張魯が南鄭を漢寧と改名して独自の王国を築き上げ、益州の牧であった劉焉と対立していた。後に張魯は、魏の曹操に降伏する。曹操は南鄭の呼称に戻して夏侯淵を駐屯させるが、蜀の黄忠率いる劉備軍に大敗し、劉備の所有する領土となる。漢中を支配した劉備は漢中王に即位し、後漢が滅ぶと漢の皇帝として即位した。劉備の死後は、三国時代の有名な人物丞相諸葛亮が漢中に駐屯し、北伐の拠点として、宿敵・魏を撃つべく北へ進軍をするのも、漢中から桟道を伝ってのことである。最後は漢中の定軍山に埋葬された。玄宗皇帝が安禄山の乱を避け四川へ下る時に通るのもこの桟道である。そのなどで、漢中市は、はるか悠久の歴史を持ち、国家レベルの歴史文化名城(都市)と称されている。

テーマ:西安観光 - ジャンル:旅行

漢中資源  隠れている中国密境三国志故地漢中の資源
漢中資源  隠れている中国密境三国志故地漢中資源
漢中資源漢中は気候が穏やかで、万物の精華を集め、古くから「西北の小江南」と美称されている、地上にも地下にも豊かな資源がある。薬用植物は1300種類あり「天然薬庫」と称される。特に、天麻、西洋参などは有名である。また、杜仲は全国第2の産地である。その他、野生動物は360種類おり、その内、42種類の希少動物がいる。特に、ジャイアントパンダやトキ、金絲猴は「稀世の宝」と世界中に知られている。陝西省漢中市は中国のちょうど中央に位置し、西安市との間に連なる秦嶺山脈はパンダの生息地として有名ですし、漢中市に属する洋県は朱鷺の生息地としても知られています。現在新潟県佐渡で飼育されている朱鷺も、洋県の朱鷺センターから贈られました。

テーマ:西安観光 - ジャンル:旅行

漢中地理  隠れている中国密境三国志故地漢中の地理
漢中地理  隠れている中国密境三国志故地漢中地理
漢中地理漢中は、孤立した盆地になっていて、陜西省の南西部に位置し、甘粛省と四川省に隣接している。北は秦嶺山脈で西安など渭水盆地(関中平原)と、南は大巴山脈で重慶など四川盆地(巴蜀)と隔てられている。長江支流の漢水が東西に流れていて、東に下ると長江流域へ出、西へ上ると甘粛省の天水付近へ出る。中部は漢水やその支流の褒水・胥水などが流れる肥沃な盆地であり、漢水の中程にあるので「漢中」と名付けられたと伝えられている。経済的には豊かな土地ではないものの、北は関中、南は巴蜀、東は漢水を下って長江流域に出られることから交通の要所であり、関中や巴蜀を支配する勢力にとっては漢中を押える事は軍事的に重要であった。

テーマ:西安観光 - ジャンル:旅行

漢中概況 隠れている中国密境三国志故地漢中の概況
漢中概況 隠れている中国密境三国志故地漢中概況
漢中地理:漢中は、孤立した盆地になっていて、陜西省の南西部に位置し、甘粛省と四川省に隣接している。北は秦嶺山脈で西安など渭水盆地(関中平原)と、南は大巴山脈で重慶など四川盆地(巴蜀)と隔てられている。長江支流の漢水が東西に流れていて、東に下ると長江流域へ出、西へ上ると甘粛省の天水付近へ出る。中部は漢水やその支流の褒水・胥水などが流れる肥沃な盆地であり、漢水の中程にあるので「漢中」と名付けられたと伝えられている。経済的には豊かな土地ではないものの、北は関中、南は巴蜀、東は漢水を下って長江流域に出られることから交通の要所であり、関中や巴蜀を支配する勢力にとっては漢中を押える事は軍事的に重要であった。漢中資源 :漢中は気候が穏やかで、万物の精華を集め、古くから「西北の小江南」と美称されている、地上にも地下にも豊かな資源がある。薬用植物は1300種類あり「天然薬庫」と称される。特に、天麻、西洋参などは有名である。また、杜仲は全国第2の産地である。その他、野生動物は360種類おり、その内、42種類の希少動物がいる。特に、ジャイアントパンダやトキ、金絲猴は「稀世の宝」と世界中に知られている。陝西省漢中市は中国のちょうど中央に位置し、西安市との間に連なる秦嶺山脈はパンダの生息地として有名ですし、漢中市に属する洋県は朱鷺の生息地としても知られています。現在新潟県佐渡で飼育されている朱鷺も、洋県の朱鷺センターから贈られました。漢中の歴史 :秦が滅んだ後は、前漢次代の高祖――劉邦は項羽に関中から漢中へ追い出されて、この漢中の中で韓信を見出し、漢中を基盤として桟道を築き、食料を蓄え、次々に中原(現在の西安)を手中に収め、最後は前漢王朝を築き中国を統一した。そして、国の名を「漢」と付けた、現在の漢民族や漢字などの名称もこれにちなんでいる。三国時代には張魯が南鄭を漢寧と改名して独自の王国を築き上げ、益州の牧であった劉焉と対立していた。後に張魯は、魏の曹操に降伏する。曹操は南鄭の呼称に戻して夏侯淵を駐屯させるが、蜀の黄忠率いる劉備軍に大敗し、劉備の所有する領土となる。漢中を支配した劉備は漢中王に即位し、後漢が滅ぶと漢の皇帝として即位した。劉備の死後は、三国時代の有名な人物丞相諸葛亮が 漢中に駐屯し、北伐の拠点として、宿敵・魏を撃つべく北へ進軍をするのも、漢中から桟道を伝ってのことである。最後は漢中の定軍山に埋葬された。玄宗皇帝が安禄山の乱を避け四川へ下る時に通るのもこの桟道である。そのなどで、漢中市は、はるか悠久の歴史を持ち、国家レベルの歴史文化名城(都市)と称されている。漢中市の魅力:長い歴史に裏付けられた遺跡の数々です。三国志で活躍する軍師(参謀)諸葛孔明の墓地や、実際に見て奇跡のような道である桟道(山の中を流れてる褒河に沿って断崖に穴を穿つ、その穿つた穴に柱を差し込む、その差し込んだ柱の上に板を敷く。何ともうまく考えられた桟道である。宝鶏から漢中に至る間の桟道の長さは235キロという。)、書道のお手本である書法原本石門13品、素朴な地元人、皇帝も食した美味しい漢中料理(キクラゲ、キノコなどの料理が多く)など、ほかの喧噪の著名観光地よりも、落ち着くようなリゾート地である。中国大陸は北に黄河があり、南に長江がある。これが二大水系。秦嶺山脈はこの二大水系の分水嶺である。山の北の河は黄河に注ぎ、南の河は長江に注ぐ。 西安から漢中への旅はこの二大水系をひとまたぎするスケールの大きな旅である。そのスケールの大きさの中に、桟道があり、桟道をめぐる歴史がある。心に染みる旅であった。漢中市の人口面積:漢中市の人口は376万人、面積は2.7万平方キロメートルもあります。面積は四国より広く、ほとんど山間地です。漢中への道(交通、アクセス):古来、関中(陝西西安)と漢中、四川を結んできた唯一の道が桟道である、馬と荷車が山道を越えることはできない、途中、谷底に落ちた者の数も知れない。建国(中華人民共和国)後、西安から宝鶏まで車で2時間、宝鶏から夜行列車で7時間半、秦嶺山脈の険阻を避け、ぐるりと大回りしなければならないそうである。2007年10月、秦嶺山脈を貫通して高速道路が完成し、西安から漢中へチャーター車で日帰りも可能になりました(片道3時間で西安・漢中間を結びました)。または夜行列車(21:05時~翌日08:41時、片道乗車時間:11時36分間)、高速道路利用の長距離バスで、西安から漢中へ短時間で行けることになった。

テーマ:西安観光 - ジャンル:旅行

お勧めの西安観光スポット
西安市内観光スポット
西安郊外観光スポットコース
西安西郊外観光スポット西西コース
西安郊外観光スポットコース
西安郊外観光スポット(北・北コース
西安周辺地域のお勧め観光スポット
新たに登場する西安郊外観光スポット
休日すごしの西安観光コース
西安農業生態園観光コース
西安サイエンス体験学習観光コース
日本語西安観光ガイド/通訳をご利用される場合
西安の見所(観光スポット)写真集

テーマ:西安観光 - ジャンル:旅行

中国金橋国際旅行社西安支社
倪様
大変お世話になりました。若いころからの念願、西安訪問を果たし、満足しております。また限られた日数のなか、倪さんと運転手さんのご案内で、価値ある遺跡を効率よく観光できました。とても個人ではできません。とりたててサービスに問題はありませんし、昼食も大変美味でした。ひとつだけ問題を上げらるとすると、レストラントイレが汚かったと思います。私のように廣東省の田舎によく行くと慣れていますが、妻などはショックを受けていたみたいです。日本人はこの点、気にする人も居ますので、よりご注意頂けるよう申し添えます。
倪様、また御社の更なるご発展を祈念申し上げます。
木村

テーマ:西安観光 - ジャンル:旅行

西安の観光ガイド手配について
倪 様
 
その節は大変お世話になりました。
また、倪さんには色々とご心配をおかけしてすみませんでした。
倪さんと劉さんの助言のおかげでスリにも遭わず、昨日、無事に帰国出来ました。
 
西安はやはり素晴らしいところですね。
兵馬俑の壮大さには言葉も出ませんでした・・・。始皇陵は今後に期待ですね!
劉さんは日本語もお上手で、解説も丁寧でわかりやすく、ドライバーさんの運転も丁寧でとても安心出来ました。
劉さんのお仕事中にお電話するのは迷惑だと思ったので、倪さんの口より劉さんとドライバーさんに[無事に帰国出来ました。ガイドの件、ありがとうございました。とても楽しかったです]と感謝をお伝えください。よろしくお願いします。
 
次回は夏~秋にかけてにまた中国旅行を計画していますが、西安以外の都市でもホテルや移動手段諸々の手配は可能でしょうか?(成都・九寨溝・楽山・峨眉山等)

米倉

テーマ:西安観光 - ジャンル:旅行

copyright © 2018 西安観光旅行日本語ガイド all rights reserved.
西安金橋国際旅行社(中国金橋国際旅行社西安支社)
(国家旅遊務録番号:L-SNX-GJ00019)
24時間受け付け電話:0086-13772192936(日本語可)
(日本からの場合010-8613772192936とダイヤル下さい。)
E-mail:xiaojunn@gmail.com
住所:〒710002 中国西安市西大街安定廣場3-B-608室
TEL:0086-29-83710118(日本語可)
(日本からの場合010-862983710118とダイヤル下さい。)
お客様の声
FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。