FC2ブログ
西安観光旅行日本語ガイド
西安観光旅行日本語ガイド 西安個人観光旅行のお手伝させていただきます。中国西安の個人観光旅行に役立つ現地観光旅行情報を無料でご提供いたします!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
西安の歴史
 西安は中華民族の歴史と文化の重要な発祥地であり、人類文明が最も早く発達した地域 の一つです。西安歴史は、紀元前11世紀に遡れ、西周がここを都と定めて以来、秦・漢・隋・唐など13の王朝の都として栄える。
 西周が初めてここに都を定めたのは紀元前11世紀(1134)のことである。以来、13の王朝がこの地を都としてきた。その間およそ2000年。古都と呼ぶにふさわしい歴史を持ち、シルクロードの起点でもある。早くも前漢時代、絹は砂漠を越え、遙かローマの都にまで運ばれていたのである。また、日本との関わりも強く、阿倍仲麻呂、空海、そして今年(2005)墓誌が発見された「井真成」など、多くの日本人が遣隋使、遣唐使の時代から足跡を残している。古くは長安とよばれ、唐代には東西9km、南北8kmの城壁にかこまれた大都市で、人口は最大100万をこえ国際的な文化がさかえていた。その都は、日本の平城京・平安京のモデルにもなった。
 また、西安は革命の伝統を持つ都市でもあります。1936年12月にここで中国現代史上でも有名な“西安事変”が発生しました。改革開放以降、古い都市である西安は大きく変化し、国務院は西部大開発を実施しました。世界の有名都市と比べ、今日の西安は発展が遅れているが、改革開放以来、西安は大きく変化している。現在も市の中心部は明代に築かれた城壁に囲まれ、工業を始め、あらゆる産業と流通の中心都市として、活気にあふれている。
有史以前

【石器時代】
  • 115万年前、藍田原人が秦嶺北麓で生活していた。
1963年7月、中国化学院古脊椎動物・古人類研究所の調査グループが藍田県泄湖鎮陳村で、老人女性の下あごの化石を発見。翌年5月に公王嶺で完全な中年女性の頭骨を発見。周辺から多くの石器も発見した。
  • 5000年前、半坡人が黄河流域で生活
1953年に半坡村で新石器時代の遺跡を発見。多くの家屋、墳墓と道具が発見された。
長安風雲録
【西周時代】
  • 西周樹立
武王が商を滅ぼし、都を鎬京におく。BC11世紀、周人の勢力が強大になり、周の文王は岐山のふもとにある周原から豊邑に都を移した。当時商の紂王は暴虐無道であったため、商王朝内部が乱れ、周の武王は機に乗じて諸侯と会し、商を滅ぼした。BC1027年周の武王は鎬京にもどってから正式に周王朝を樹立した。
  • 西周滅亡
周の幽王は寵妃の褒を笑わせるために、のろし台に火をつけた。各地の諸侯は緊急と思い次々に駆けつけたが、騙されたと知り、怒って帰って行った。BC771年、申侯は犬戎と連合して鎬京に侵入。幽王はのろし台に火をつけさせ、諸侯に救いを求めたが、誰も救援に来ず、西周は滅亡した。
【戦国秦時代】
  • 商鞅変法
戦国初期、秦国は各諸侯国の中で遅れた地位にあったが、秦の孝公は、BC359年に商鞅を左庶長に任命し、改革を行わせた。まず、十五連座法を敢行し、悪者を密告することを奨励する。農業を重視し、商業を抑制し、農業と紡績を奨励、宗族等級制度を廃止し、軍功等級制を確立した。9年後、商鞅は二回目の改革を行い、県、郷、里の三級行政制度を確立、授田制を実行し、度量衡を統一した。この改革により、秦はたちまち強国となり、奴隷制から封建制への転換を果たした。
  • 秦の天下統一
六国を滅ぼし、天下を統一する。BC230年、秦王の贏政は数十万の大群を繰り出して出征し、統一のための戦争を始めた。10年の戦争を経て、韓、趙、燕、魏、楚、斉の六国を滅ぼし、戦国時代に終止符を打った。BC221年、咸陽で中国史上初の中央集権国家である秦王朝を樹立した。その後は文字、法律、車軌、度量衡の統一を行い、郡県制を実行した。
  • 秦の滅亡
秦の始皇帝は中国を統一した後、集権統治を強化するため、思想文化文やで高圧政策を実行した。BC213年、全国で、秦の歴史以外の史書、秦の文字以外で書かれた文書を焼き払うように命じた。《焚書》、翌年、彼は不老不死の薬を求め、学者たちに資金を出したにもかかわらず、何も結果を出さないことに怒り、「誹謗」の罪名で数百人の学者を生き埋めにした。《坑儒》こうした行為が人々の怒りを引き起こし、秦王朝滅亡を加速した。
【漢時代】

  • 項羽と劉邦
秦朝末年、劉邦と項羽はそれぞれ大部隊を率いて秦に進行した。劉邦が先に咸陽を攻略、占領したが、項羽はこれに激怒した。その後、項羽と劉邦の争いが続き、最後は劉邦が勝利を収め、前漢王朝を樹立した。
  • 西域開拓
武帝の時、大月氏と連合して匈奴を挟み撃ちにするため、BC138年に張騫を使節とし、100人余りを率いて長安から西域に出発した。そして現在のフェルガナやサマルカンドを経て大月氏にいたり、13年後に長安に戻ってきた。張騫はBC119年にも西域を訪れ、西域の地理、物産、風俗習慣などを中国に伝える同時に、中国の絹織物、磁器や農業などを中央アジア各国に伝えた。
  • 霍去病の活躍
霍去病(BC140?BC117年)は前漢時代の有名な将軍で、武帝の命を受け、匈奴と戦った。霍去病は6回も匈奴に出撃し、漢王朝の安定のために大きな功績を建てた。
  • 司馬遷と史記
司馬遷は武帝の時、太史令に就任し、「史記」の執筆を始めた。のちに李陵を弁護したために去勢の刑に処せられた。司馬遷はこの恥辱に耐え忍び「史記」の執筆に打ち込み、BC93年に「史記」を書き上げた。
「史記」には、黄帝から武帝に至るまでの3000年の歴史を記述している。全130編、52万字で、内容も豊富だが、よく練られており、文字も美しい。
  • 王莽
王莽(BC45?23年)は漢の平帝の時代に大司馬となり、一味を守り立て異分子を排斥した。AD5年、王莽は漢の平帝に毒を飲ませ殺害し、工程に即位し、国号を新に改めた。王莽は全国の土地を「王田」に改称し、奴婢の売買を禁止した。国の税収を増やすために、何度も幣制を改革して混乱が起きた。17年、農民が蜂起し、漢朝の宗室の兵馬が長安に攻め込み、王莽は殺され、新は滅んだ。二年後劉秀が東漢を樹立した。
【唐時代】
  • 李淵、唐王朝を樹立
隋王朝末期、農民蜂起が発生し、隋王朝は不安定になった。隋の太原留守うを勤めていた李淵は長男の李健成と次男の李世民に関中に進軍するように命じた。すぐに長安を攻略した。そして、隋の煬帝の孫の楊侑を皇帝にまつりあげ、自分は大丞相になった。AD618年、煬帝が江都で殺されたと聞くと、李淵は皇帝となり国号を唐とした。
  • 玄武門の変
李淵は唐王朝を樹立した当初、長男の李健成を太子に任命し、自分の後継者としたが、唐王朝樹立の課程においては李世民の方が卓越した戦功を挙げ、その声望は兄の健成よりはるかに大きかった。健成は世民に妬みを抱き、四男の李元吉と組んで李世民に危害を加えようとした。626年、李世民は玄武門の中で待ち伏せをし、李健成、李元吉が通るとき、馬に乗って突進し、二人を殺した。李淵は李世民を太子にせざるを得なくなり、その後まもなく帝位を李世民に譲った。
  • 玄奘
629年、玄奘はシルクロードに沿って西方へ向かった。様々な困難の末、4年後にインドにたどりつき、そこで法律や制度を学び、仏教の蔵書を読んだ。645年、玄奘は600巻余りの経典を携えて長安に戻り、長安の慈恩寺で翻訳した。
  • 武則天
武則天はもとは唐の太宗の「才人」で、「部媚」という号を賜われた。太宗の死後、感業寺に入って尼僧となった。その後、高宗は彼女を宮中に連れ帰り、「昭儀」とした。655年、高宗は武則天を皇后にした。高宗のからだが衰弱すると、武則天は国を治め、行政を管理するようになった。高宗の死後、中宗、叡宗を廃し、690年に正式に即位し、中国史上唯一の女帝となった。
  • 楊貴妃
安史の乱の発生後の756年、唐の玄宗は少数の大臣と楊貴妃を連れ、数百人の禁軍の護衛の下で西の方へ逃げた。長安の西、馬嵬まで行った時、禁軍は反乱を起こし、楊国忠らを殺し、玄宗に迫って楊貴妃を殺すように命じさせた。安史の乱平定後、玄宗は四川から戻り、嵬駅を通ったときにひそかに宦官に楊貴妃を駅の側に改葬するように命じた。
  • 唐滅亡
唐王朝末期、黄巣蜂起が起こり、朱温は蜂起軍に参加し、長安を攻略した。その後、朱温は黄巣を裏切り唐に降り、黄巣を弾圧し、唐の僖宗から「朱全忠」という名を賜われた。904年朱温は昭宗を殺し、哀帝を即位させた。907年にその哀帝を殺し、自ら皇帝となり、国号を梁に改め、都を開封においた。
西安の歴代王朝

王朝

建都期間

国都所在地

西周

BC1121-BC771

豊京、鎬京(いまの長安県張家坡、斗門鎮一帯)

BC221-BC207

咸陽(いまの咸陽市窯店鎮一帯)

前漢

BC206-AD8

長安(いまの西安市の北西)

-23

長安(いまの西安市の北西)

後漢

190-195

長安(いまの西安市の北西)

西晋

313-316

長安(いまの西安市の北西)

前趙

319-329

長安(いまの西安市の北西)

前秦

351-384

長安(いまの西安市の北西)

後秦

386-417

長安(いまの西安市の北西)

西魏

535-556

長安(いまの西安市の北西)

北周

557-581

長安(いまの西安市の北西)

581-618

大興(いまの西安市)

618-907

長安(いまの西安市)









スポンサーサイト

テーマ:西安観光 - ジャンル:旅行

copyright © 2018 西安観光旅行日本語ガイド all rights reserved.
西安金橋国際旅行社(中国金橋国際旅行社西安支社)
(国家旅遊務録番号:L-SNX-GJ00019)
24時間受け付け電話:0086-13772192936(日本語可)
(日本からの場合010-8613772192936とダイヤル下さい。)
E-mail:xiaojunn@gmail.com
住所:〒710002 中国西安市西大街安定廣場3-B-608室
TEL:0086-29-83710118(日本語可)
(日本からの場合010-862983710118とダイヤル下さい。)
お客様の声
FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。